2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月18日 (土)

GMC-4「大」改造 大型LED表示基板編

Led Led_2 Led_3

こちらは「大」改造の顔とも言える大型LED表示基板です。

目を引く7セグLEDは、秋葉原の鈴商で買いました。1,800円でした。
2進表示用のLEDは、同じく秋葉原の千石の特価品1個70円。
コネクタのピン割り当てはATMELのSTK-500やサンハヤトのVPORTを意識したものです。
回路図では2進LEDについて2パターンありますが、点線内は改装予定の回路です。
こちらに修正すれば、スタティック化回路のICを両方とも74HC564にすることができます。

2009年7月17日 (金)

GMC-4「大」改造 LED12V駆動基板編

Led12v

Led12v_2

Led12v_3

ある意味「大」改造の心臓部、LED12V駆動回路です。

12V電源から大型16進LEDへ電力を供給。
一方スタティック化された16進LEDの点灯信号を受け取り、
トランジスタアレーで12V電源→大型LED→抵抗→GNDと流れる電流を制御します。
トランジスタアレーは、TD62083を使用。

GMC-4以外に転用した際を考慮し、DP(小数点)も使えるようにしています。
大型LEDは小数点のみLED数が違う場合があり、
集合抵抗とは別の抵抗をスライドスイッチで選択できます。

2009年7月14日 (火)

GMC-4「大」改造 スタティック化基板編

Photo_8 Photo_9 Photo_10

本誌にも書いてありますが、GMC-4の2進LED,16進LEDは、ダイナミック点灯になっています。このままでは、外部に機器を繋いで制御するには使いにくいので、この基板でスタティック化させます。

74HC574、74HC564は、いずれもD型FFのバスインターフェースで、74HC564は反転出力タイプです。

GMC-4はアノードコモンのLEDを使っていて、各ポートの出力は負論理で出ています。そこで、スタティック化と同時に、出力を反転させると正論理の信号を取り出せます。ところが、突貫工事で作った大型2進LED表示部を、GMC-4と同じアノードコモンにしてしまったので、片方を74HC574で、スタティック化のみ行っています。

いずれ、大型2進LED表示部もカソードコモンに直して、両方を74HC564にする予定です。

大人の科学マガジン Vol.24 4ビットマイコン GMC-4 解析回路図

Gmc4_v012

既に、オフィシャルサイトの記事に回路図が含まれたPDFが上がっていますが、独自に作成した回路図もありますので、公開します。本ブログの改造記事を読む時や、皆さんの改造の参考などにご利用ください。

モールドされたチップの基盤下方向に引き出し線がないので、右下を一番ピンとして数えた番号をピン番号としています。チップトランジスタの向きも、基盤の配置と同じになるようにしました。

BSch3用ファイル「gmc4_v0.12.CE3」をダウンロード

GMC-4「大」改造 本体基板編

Photo_6

Photo_7

V101_2

外部拡張を中心に考えた本体基板の改造です。

付け足し基板上に、出力用、電源・スピーカー用、キーボード用のコネクタを付け、基板上の引き出しポイントから線を引っ張っています。

その他、16進LEDの着せ替え化、リセットスイッチの張り替えもしています。

2009/08/08 追記

図の取出しポイントと信号内容が合っていなかったので、修正・差し替えしました。

GMC-4「大」改造ブロック図

Photo_5  

まずは、全体構成から、という訳でブロック図です。

大体この図の四角形1つ1つが基板に分かれています。

2009年7月11日 (土)

大人の科学マガジン 4ビットマイコンを「大」改造

先日発売になったばかりの「大人の科学マガジン Vol.24」、付録は4ビットマイコン。

これはこれでかわいいやつなんだが、これからこいつでハードウェア的に色々やらせたい事があるので、まずは「大」改造することにした。「マイコンナイト」という発売記念イベントもあり、そこで披露するにも「大」改造はうってつけだろう。

Dsc01071 Dsc01076 Dsc01080

透明A4ブリーフケースに「大人の科学マガジン Vol.24」の表紙が見える。これを開くと・・・。ノートPCなら液晶画面があるはずの場所に、命令コード早見表が。そして目を引く大型の7セグメントLEDと16進キーボード。 さらに電源を入れてみると、こんな感じ。右側の本体回路基板のLEDも青くなってるし。

次回から回路図なども踏まえて、詳細の紹介予定。

ブログ開設

私の2つ目のブログになります。

「構想100年~あるいは一瞬のひらめきで工作するブログ」などと大仰なタイトルをつけましたが、ここでは作ったモノあるいはひらめいたモノを、まったりと紹介して期待と思います。

トップページ | 2009年8月 »

ウェブページ

無料ブログはココログ