2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« MTM05に出展してきました。 | トップページ | 7segduino用タイマー駆動ライブラリ(暫定版) »

2011年6月 5日 (日)

Arduinoの(旧)SoftwareSerialライブラリを改造

 ブログ更新は1年ぶり以上になりますね。ご無沙汰しておりました。
で、色々と書きたい内容がたまっているので、ぼちぼち更新していきたいと思います。

今回はタイトルの通り、SoftwareSerialライブラリの改造版のご紹介です。

 ArduinoのIDEは、先日1.0βが公開され、色々と改良が加わっています。その中でSoftwareSerialライブラリも全面的に変更されました。ベースは以前から公開・更新されていたNewSoftSerialライブラリです。この新しいライブラリは旧版のSoftwareSerialライブラリよりも色々といい所が有りますが、新旧いずれにしもRxTxの両方のピンを定義しないといけません。今回改造したライブラリは、ソフトウェアによるTxピンを多数使いたい場合を念頭に、Txピンのみの設定も出来るようにしました。

とりあえず「mSoftSerial_2011_06_05.zip」をダウンロード して、Arduinoフォルダのlibrariesに置いてください。

ライブラリの使用宣言に

#include <mSoftSerial.h>

ピン番号の設定に

mSoftSerial mySerial(2,3); // 2番ピンをRx,3番ピンをTxに設定

等とコードを書いて使用しますが、

mSoftSerial mySerial(3); // 3番ピンをTxに設定

の様にTxピンのみの設定も出来るようになっています。

mSoftSerial mySerial(2,MSS_NO_TX); // 2番ピンをRxに設定

として、Rxピンのみの設定も出来ますが、Rxについては旧SoftwareSerialライブラリのままで、受信バッファを持っていません。ですから、あまり使う事は無いと思います。

また、Printライブラリを継承しているので、Serial関数と同様のprintメソッド、printlnメソッドが使えます。というか、こっちが改造の本命部分なんですが(^^;

« MTM05に出展してきました。 | トップページ | 7segduino用タイマー駆動ライブラリ(暫定版) »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242669/40274811

この記事へのトラックバック一覧です: Arduinoの(旧)SoftwareSerialライブラリを改造:

« MTM05に出展してきました。 | トップページ | 7segduino用タイマー駆動ライブラリ(暫定版) »