2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 秋月のI2C接続キャラクタLCDモジュールACM1602NIをArduinoで使う | トップページ | LEDバッジの新作です »

2012年5月31日 (木)

ArduinoにLCDを信号線3本で繋ぐ (IDE 1.0対応)

 同じタイトルで前に書いた記事のライブラリを、LcdCore使用のIDE1.0以降にも対応させたので、ご紹介します。

 回路は前と変わっていません。

Lcd164_v100

 シフトレジスタの74HC164を使い、Arduinoの使用ポート数を減らしています。また、74HC164のコントロールに使うData線を、LCDのRSとしても使用することでも使用ポートを増やさない工夫になっています。

 ライブラリは以前のものをLcdCoreライブラリ使用タイプに変更しています。IDEは0022, 0023, 1.0, 1.0.1どれでも使えます。

サンプルスケッチ

#include <LcdCore.h>
#include <Lcd74HC164.h>

Lcd74HC164 lcd(2, 3, 4); 

void setup() {
  lcd.begin(16, 2);
  lcd.print("hello, world!");
}

void loop() {
  lcd.setCursor(0, 1);
  lcd.print(millis()/1000);
}

今回も標準のLiquidCrystalライブラリを使ったスケッチの一部(includeと変数生成部)を書換えるだけで簡単に使えるようになっています。

Lcd74HC164
Lcd74HC164型の変数を生成します。

【構文】

Lcd74HC164 生成する変数名(data, clock, enable)

【パラメータ】

data: 74HC164のData(A,B)ピンおよび、LCDのRSピンに接続するArduino側のピン番号
clock: 74HC164のCKピンに接続するArduino側のピン番号
enable: LCDのenableピンに接続するArduino側のピン番号

「Lcd74HC164_20120528.zip」をダウンロード

このライブラリを使用するには、下のライブラリも必要になります。

「LcdCore_20120528.zip」をダウンロード

このライブラリの記事はこちらです。

« 秋月のI2C接続キャラクタLCDモジュールACM1602NIをArduinoで使う | トップページ | LEDバッジの新作です »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。midohajiと申します。
自分が使う、Arduinoクローン+LCD+SD+ブレッドボードをワンセットにした便利ボードに、「ArduinoにLCDを信号線3本で繋ぐ」を使わせて頂いたのですが、今回自分のサイトで製作記的なものを書かせて頂きました。
4/17のほうの記事ばかり見ていて、車輪の再発明というか1.0で似たようなライブラリを作成してしまったのと、ほぼそのまま、まりす様の回路を使わせて頂いたので、ご連絡させて頂きました。
何か不都合などありましたら、ご連絡お願い致します。

コメントありがとうございます。
特に問題は無いですよ。
回路を活用・解説して頂いけるのはありがたいです。

はじめまして、宮城県のkkawaと申します。
「LCDを信号線3本で繋ぐ」の記事の簡潔な回路図に魅かれて、
私もPICで作ってみました。(今できたばかり!殆ど徹夜です。)
素晴らしいです!
シフトレジスタの出力と、LCDのデータピンの対応が潔くて、美しいですね~
プログラムもとてもシンプルに作ることができました。
私の頭では、シフトレジスタのデータ入力ピンとLCDのRS信号ピンを繋ぐ、
という発想はとてもできませんでした。
大感謝です!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242669/45482696

この記事へのトラックバック一覧です: ArduinoにLCDを信号線3本で繋ぐ (IDE 1.0対応):

« 秋月のI2C接続キャラクタLCDモジュールACM1602NIをArduinoで使う | トップページ | LEDバッジの新作です »